IMG_4303

昨日は、20人ほどの大人数でゲーム会をさせて頂きました。
各テーブル大盛り上がりでした。


こんなにたくさんの方が集まると、いろいろな方がいらっしゃいます。
サラリーマンやフリーター、ご自身で起業されている方なんかも毎回来られて、いろいろな刺激があるんです。


そんな中、今回印象に残ったのは70歳代の方で、元々は教師をされていたようです。

みなさんの70歳はどんなイメージでしょうか?

私のイメージは、年金生活をされていて、家でテレビなど観たり、たまにお出かけして、のんびりとした生活を送っているイメージでした。よく『余生を楽しむ』と表現されると思いますが、まさしくそんなイメージでした。


ただ今回ご参加された73歳の元先生は、すごくアクティブなんです。
それこそ年金はもらっていらっしゃいますが、現役バリバリです。
最近になって『金持ち父さん貧乏父さん』の本を読まれ、これまで自分はずっと貧乏父さんの働き方だった事に気づかされたそうです。普通の方なら「いやー、でも今更どうする事もできないし。今の余生を楽しむか」と今の自分を受け入れて行動を起こすことはしないのではないでしょうか。

ただ、その方は「少しでも変えたい」と行動をされはじめました。
長く『先生』という立場で教える側にいらっしゃった方なのに、まだまだ『学ぶ』ことをやめません。


【余生】(活動期を過ぎた)生涯の残りの部分。


この方に【余生】はないのでしょうね。
私も、生涯現役、生涯学ぶ。そんな人でありたい。


今日という日は、残りの人生の最初の一日。


その先生がおっしゃった言葉ではありませんが、この言葉をおもいだしました。
今回は私がゲームを教える立場でしたが、反対に先生に教えてもらった気がしました。

やはり、人との出会いはおもしろいですね。